一時期、オークションにて、革の製品、例えば、ワニ革のブーツですとかワニの財布、牛のリックサックなどの中古品を扱っていた時のお話です。一番大変だったのは中古品を売買していたので商品の変色について記載をしていたのですがそれでも理解してもらえなかったのかクレームを入れてくる人がかなり多かったです。そのおかげでかなり私自身オークションサイトにて評判を下げた思いがあります。その癖になぜか返品を申し出る方がいなかったので商売としては成り立っていたのですが一番大変だったのはクレームの多さが一番私としては堪えました。というのも、ブーツは言ってしまえばどんなにお手入れをしてもいい方が悪いのですが変色してしまいます。その理由ですが中古品ってそのブーツやリュックサックを使用していた方が飽きてしまい手放したものがほとんどなんです。その為革でできている製品は変色こそしてしまいますが普通のカバン、靴と比較するとかなり強く壊れにくいのが特徴です。壊れにくいがゆえに中古にて販売することが容易でかつ、安く入手することができるので私の場合、商売としてオークションの他amazonなんかで売買していたのです。もちろん、私自身そうした革製品は手入れをしたり色が変色している個所を修復したりして売買していたのですがそうした努力をしていますといいったところで、努力不足だとか、きれいな商品ではなかったですとか商品を入れている箱がぼこぼこだとか言われました。当たり前です。箱がボロボロなのは中古品ですから者によってはブーツケースもボロボロですし、実は新品でもアメリカからブーツを送ってくるという性質上、箱は案外つぶれているんです。こうした方はそうした事実を知っているのか知らないのかは知りませんがこうした事情で私は評価を下げるのが嫌になりブーツの他リュックなどの革製品を扱うのをやめたことがあります。これだったら、合成皮革のブーツの方が売れると踏んだんです。この試みは当たりまして実際に合成皮革のブーツのほうが変色の他手入れも簡単なので結構売れました。たとえば、私が売っていた商品にホーキンス、ワークブーツというものがありまして、こちらをオークションにて売買する際、たいていは値下げを要求されその理由が写真で拝見したところ変色があるというのが理由で値下げを迫られました。ちなみにこのブーツ、結構高額なんですが中古になったとたん値段が安く入手することができたんですが、結局、いざオークションで転売するとなると変色があるとかそうした理由で値下げを迫られそれほど利益を得ることができず、辞めたということです。逆に合成皮革のもの、例えば武田のブーツなんかは人気がないものだと安く入手でき、欲しい人に対しては強気に値段交渉できたのでそちらに鞍替えをしたというのが正しいです。本当に変色をしやすい製品というものは扱いが難しく、その理由としては、その製品は変色してしまうのが当たり前であるということを知らない人が多いです。革製品はすべてにおいてお手入れをしなくなる、つまり飽きてしまい手放すなどの他端からお手入れの方法すら知らないという方が所有者だった場合変色しやすいのです。そうしたことを知らない人は私以外の革製品を扱っている人と口論になったりして結構の出品者の方が革製品を扱わなくなった時期もあります。現在は革製品をオークションで扱っている人が増えたのかどうかは知りませんが、変色をする製品というものは扱いが大変でそのことを説明していても受け入れられないこともありどんなにきれいに梱包し、落札者のもとに届けても評価として反映しないことが多かったです。これが一番私が苦労した点で、商品を扱っていて悲しい思いをした一面でもあります。