引っ越しで不要になった照明器具をamazonで売ることにしました。気に入っていたものだったので、値段はなるべく高く設定したい!と思いつつ、かと言って初めての売買なのでそんなに高くすることにも気が引け、結局定価の半額以下4200円に設定することにしました。掲載写真には気を使い、色味や細部がわかるようにするのはもちろんのこと、おしゃれに見えるようそして値段より高見えするよう心がけました。
 掲載を始めて2-3日たっても、”いいね”を付けてくれる人は数人で、本当に売れるんだろうか? 一体どのくらいで売れるものなんだろうか? いや、値段がやっぱり高すぎるんじゃないだろうか? と、どんどん不安になっていきました。今思えばお気に入りの照明なのだから、売れなければ大事に手元において、またいつか使えばいいだけの話なのですが、掲載当初そんな余裕は全くありませんでした。
 そんな弱気な心のままとりあえず待つこと更に数日…。ある日突然値段交渉のオファーが来ました。値段交渉が出来る機能があることさえ知らなかったので、何これ??どうすればいいの?とテンパりました。ヘルプでオファー機能を調べてみると、オファーされた値段で売買してもいいと思うならオファーを受け、交渉人のみがその値段で買えると言うものでした。つまり安く売りたくなければオファーを断わればいいだけの話で、自分で設定した価格で売りたければそのまま掲載し続ければいいわけです。しかしなんせ初心者の私、、、オファーを受けず掲載し続けても売れないかも? とさらなる弱気心が出てきて、オファーを受けないといけないような気もしてきて、結局400円も安い3800円でオファーを受けてしまいました。
 取り引きが成立したら、梱包して出荷です。ちょうど家にあったダンボールがサイズ的にちょうどいいからここからは楽勝だなと思っていたら、プチプチで梱包したら入らないことに気づきました(泣)商品がガラス照明なので梱包を怠るわけにもいきません。そして、あろうことか先方には今日発送します!と良き出品者風を気取ってしまっていたこともアダとなり、大急ぎで雨の中ホームセンターへ走らなければならなくなってしまいました。
 幸いホームセンターにはちょうどいいサイズのダンボールが売っていたのでよかったのですが、お値段198円。たかが198円されど198円。なんだか微妙な気分です。もしかしたらプチプチも足りないかもと思い、どうせまた他にも出品するだろうしと大きな巻きで購入。498円也。なんだか切ない気分です。
 家に戻り、買ってきたばかりの梱包材を使い入念に梱包し、出荷する為また雨の中外に出る。。私は何をしているんでしょう。本当に切なくなってきました。
 無事出荷した翌日、購入者の方から「丁寧な梱包ありがとうございます。」とのメッセージと、☆5つの評価をいただきました。少しだけ報われたような気分になりました。しかし全ての取り引き詳細を見てみると、そこには販売手数料、配送料もしっかり引かれた金額だけしか残っていないわけで、当たり前ですが実際にはさらにそこから梱包材の金額も引いたものが正しい売り上げなわけで、はじめの値段設定が甘かったと痛感しました。
 今回初めて出品してみて思ったことは、1.焦って取り引きしない! 2.価格設定は慎重に! 3.もっと楽しむべし! と言うことでしょうか。損得だけ考えてやるものではないなと思ったのが一番大きいです。それより売買を通じて楽しむ。雨の中右往左往して売り上げがイマイチで、でもなんだかんだいっても、人から☆5つの評価をしてもらえるのは、やはり嬉しいのです。